アクチャーコンサルティング |「できる個人営業」頼みからの脱却 一気に売上・シェアを拡大する「組織営業」導入コンサルティング

アクチャーコンサルティングアクチャーコンサルティング
03-6869-1693

〒102-0074  東京都千代田区九段南1-5-6
        りそな九段ビル5階

06-6147-9353

〒530-0001  大阪市北区梅田1-11-4-1000
        大阪駅前第4ビル10階

営業コンサルタント岩月康隆のM-oneブログ

ACCTURE CONSULTING > ブログ&セミナー > 組織営業で結果を出す! > 売上目標と『戦略』の連動(マーケット対応力・事例編)
カテゴリ:組織営業で結果を出す!
投稿日:2016年1月12日02:00 PM
売上目標と『戦略』の連動(マーケット対応力・事例編)
カテゴリー: 組織営業で結果を出す! タグ: 作成者:投稿用アクチャーコンサルティング

 

 

前回と前々回で売上目標の立て方の3つの視点についてお伝えしました。

 

今回は、売上目標達成のための『戦略』についてお伝えします。

 

 

『戦略』とは売上目標を達成するための「やり方・仕組み」です。

 

市場拡大の経済状況なら、極端な話『戦略』など持たなくても、市場拡大の

 

波に乗って売上拡大も可能でしょう。

 

 

しかし、日本の市場においてあらゆる産業の市場は縮小しています。

 

 

この状況下で、売上目標だけをつくってそれで営業計画が終了してはいませ

 

んか?

 

 

これでは、営業はたまったものではありません。

 

どうすればいいのだ!という叫びが聞こえてきそうです。

 

 

 

市場縮小の中で、売上目標を達成するための「やり方・仕組み」、つまり

 

『戦略』が売上目標とセットで明示されない限り、目標達成などあり得ません。

 

 

『戦略』とは売上目標達成のための「やり方・仕組み」のことなのです。

 

 

 

例えば、売上目標設定の際にお伝えした〈市場視点〉で2%3%のシェアア

 

ップの目標を立てたとします。この目標を実現するにはどうすればいいので

 

しょうか?

 

 

御社にその答えがあるでしょうか?

 

 

 

答えは、全て『戦略』にあります。

 

 

具体的に、どの顧客をターゲットにして、その顧客に対してどのような活動

 

をして、どのような状態になれば何%のシェアがアップするのかという理論

 

があります。

 

 

これを知るのと知らないのでは、当然営業の動き方が違います。

 

よって、当然のことながら結果が違います。

 

 

 

『戦略』は論理的・実践的・実務的でないと意味がありません。

 

 

つまり、『戦略』は売上目標を達成するための論理的・実践的・実務的方法論です。

 

 

 

売上目標達成のための『戦略』を持つことによって、営業活動と営業結果が劇的に

 

変わった会社が200社以上ある事実から、これは偶然ではありませんね。

 

 

 

戦略構築の具体的方法については、

 

《営業革新塾》第1講~第3講で詳しくお伝えしています。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

《営業革新塾》ご案内ページ はコチラ

 

http://www.accture.co.jp/school.html

 

 

《営業革新塾》では、コンサルティングの現場で私、岩月が指導している内容を

 

そのままパッケージにしてお伝えしています。

 

BtoBビジネスをしている会社専用の「営業革新バイブル」です。

 

  

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

アクチャーコンサルティング ホームページ はコチラ

  http://www.accture.co.jp

 

お問い合わせは はコチラ

 http://www.accture.co.jp/contact.html

 

◆組織営業力強化セミナー◆

成功率92 250社が結果を出している!

わずか3時間で非効率営業から脱却

ポイント指南『組織営業力』強化セミナー

 https://accture.co.jp/seminar.html

 

◆営業革新塾◆

800人の経営者が実践している!

営業活性化を目指す経営者・営業幹部向け

売上を1.5倍にする営業革新塾

 http://www.accture.co.jp/school.html