企業内営業研修

ホーム企業内営業研修 > 営業研修のモデルケース

営業研修のモデルケース

組織力定着を目的にした営業研修の実施に際しては、タイミングや営業の現場事情、コストや期間設定などあらゆる条件が一致しませんと実施できません。ですから決して対処的な実施ではなく、中長期を見据えた実施計画が必要です。 そして、企業様のこれまでの研修実施内容や教育のあり方、課題もそれぞれですので、当然目的も異なってきます。そこで、よくご利用いただいている3つのモデルケースを目的別に実施期間と共にご紹介します。

基礎から営業教育を体系化したい
企業様向け

基礎から営業教育を体系化したい企業様向け

営業の仕組みを構築したい企業様向け

営業の仕組みを構築したい企業様向け

早急に営業の現場力を高めたい
企業様向け

早急に営業の現場力を高めたい企業様向け

営業研修受講者の声

営業変革の第一歩!エグゼクティブセミナー《事前登録》

アクチャーコンサルティング 
サービスメニュー

最新ブログ

全てを見る

2019.10.29

中小企業が目指すべき絶対的なシェアは○%

営業戦略が企業にとってどれほど重要であるかについて、現実の話をお伝えします。 それは、たとえ各業界において競合企業が乱立しているとしても、数十年の年月を経て必ず一社に集約されるとい…[続きを読む]

2019.10.15

成約率を飛躍的に上げる提案営業のプロセス

営業の最終目的は、受注することです。 これを営業活動に置き換えれば、営業の最終行動は成約・契約することです。この成約・契約に至ろうと思えば、決して外してはいけない営業の階段というも…[続きを読む]

2019.10.11

競合の参入障壁となる営業を育成するお客様対応力

営業職で30代前半までの方を対象にいつもお聞きすることがあります。 “営業上困っていることは何?”と質問をぶつけますと、8割以上の確率で “お客様との会話が続かない” “会話の中味…[続きを読む]

2019.10.10

お客様から好感を持たれる営業基礎能力育成

どんな技術においても基礎・基本があるように、営業という職業にも基礎・基本があります。 しかし、日本の企業において、この基礎・基本教育を営業担当者にすでに施している例は未だかつてあり…[続きを読む]

2019.10.10

なぜ組織全体で戦略理論を共有すべきなのか

営業戦略の論理や分析手法、戦略目標の設定の仕方を一部の営業管理者が知っていればいいかというとそうではありません。 結論として、営業担当者のみならず、営業部門と関連して活動する企画や…[続きを読む]

2019.10.03

この考え方が業績を向上させる営業戦略策定のポイント

営業戦略は思いつきや奇抜な発想で構築するものではなりません。論理というものに則って現状を数字で把握し、論理的な分析手法を使って分析し、優先度の高い攻略ターゲットを見つけ出す一連の体…[続きを読む]

営業コンサルティング・営業研修のご依頼・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ
受付時間 平日9時~18時
(土日祝除く)

東京

03-6869-1693

大阪

06-6147-9353

メールお問合せは24時間可能です

ページトップに戻る