営業研修

ホーム営業研修 > 営業研修の原理原則と体系化

営業研修の原理原則と体系化

営業は「慣性力」に引きずられている

市場縮小という環境変化の中で、相変わらず営業は市場拡大を前提としたままの活動になっているというのが実態です。そうさせている力を「慣性力」と言います。
「慣性力」に引きずられたまま、「今までしてきたように」「今までの経験・体験をベースに」何ら変化を求めずやり過ごしてきた営業組織を数多く見てきました。
市場が大きく変化し、お客様の要望が変化している中で、「慣性力」に引きずられたまま、何も手を打たない営業組織でこの先も生き残ることができるでしょうか。

・売上、粗利の低下
・管理者のマネジメント不全
・優秀な人財の流出
・組織力の衰退
これらが「慣性力」に引きずられてきた結果です。

営業教育の的外れ

(1)「個人のスキル」教育にしか目が向いていない

何のために営業研修を実施するのでしょうか?営業組織の「営業力を向上させたい」というのがそもそものご要望のはずなのですが、研修内容自体が「個人のスキル」向上にしか目が向いていないというのが第一の問題です。

営業現場では「個人のスキル」も重要なのは事実ですが、このスキルは個人についていきます。本当にそれでいいのでしょうか?
個人のスキルアップの前に、組織に営業力をつけるべきだと考えています。営業力を組織に備えている企業は、どんな状況に陥っても底力を発揮します。組織に営業力を備えない限り、それを本当の営業力とは言いません。

(2)営業職専門の教育がされていない

入社後の“マナー研修”は実施しても、営業職に就く従業員を対象にした「営業職専門」の教育を施してきたでしょうか?これは大手・中小に限らず皆無です。
“結果を出す営業が育たない”
“営業の離職が多い”
“フィールド営業としては優秀だが管理者としては不満足”
といったことがなぜ営業組織に起こるのでしょうか?

それは
営業の「やり方」の前に営業の「あり方」を
営業管理者の「テクニック」の前に「役割・ミッション」を
教えていないからです。

「やり方」の前に営業としての「あり方」を
「高度なテクニック」の前に「基礎・基本」を
「売上」という結果を求める前に「営業としてやるべきこと」を
教育することです。これらを徹底せずしていくらスキルを磨いても、現場では使えません。

(3)実施することが目的になっている

研修の目的は「営業力を向上させたい」というところにあり、その結果として「業績の向上」を求めて実施するはずです。しかし、実施することが目的化し、実施したことに満足している状況が多々見受けられます。
年度計画で“営業研修3回実施”といった計画に対する実績作りのために、実施されているケースすらあります。これは時間と経費のムダ以外の何物でもありません。
こういった魂のこもらない研修は、お断りしています。

ご相談いただく内容

  • 営業力をつけて売上、粗利の向上を目指したい
  • 提案力のある営業を育てたい
  • 管理者のマネジメント力を向上させたい
  • 経営意識を持った管理者を育成したい
  • 営業組織を活性化させたい

これらが研修を検討される企業様の共通点です。

どの内容も営業としての根幹であり、営業組織として原点にある内容です。
しかし、一朝一夕では成し得ない内容であることも事実です。
つまり、今まで何年、何十年にわたって「慣性力」に支配されてきた、またはそれが「風土」となっている組織の問題・課題を短期的視点で解決することは、非現実的です。その営業組織の変革を真に願うならば、中期的視点で自社の営業の根幹から見直すべきだと考えています。

営業教育の「原理原則」と「体系化」について

個人の営業力も重要です。現場で威力を発揮しますから。
しかし、先述のように「個人のスキル」を磨く前に『組織に営業力』を備えなければ抜本的な組織変革にはつながりません。

 そして、短期的な視点ではなく中期的視点で教育し、変革を着実に行うべきです。
 そのためには、「教育体系」というのが不可欠です。

「教育体系」が必要な理由の一つに、現場の営業担当者が学んだ内容と、その管理者が営業担当時代に学んだ内容が違っているという事実です。これでは、管理者がマネジメントのしようもありません。
それぞれの時代において、全営業が体系的に同じ内容を学ぶから、この基軸に則って上司が部下を指導でき、部下もその指導内容が理解できるのです。
これが、営業教育・営業研修について根底に流れている弊社の考え方です。
ですから体系的に教育する必要があるのです。

もう一つ「教育体系」が必要な理由を言います。
教育には“幹”を明確にしてから“枝・葉”をつけるべきで、“幹”が無いにもかかわらず、“枝・葉”ばかりの教育を施すために、せっかくの教育内容が風化し、組織の営業力が定着しないのです。

“幹”とは、営業としての「あり方」であり、組織としての意思決定のベースの考え方を言います。

  • 自社としてどういう営業を目指すのか
  • 営業のプロセス(契約に至るまでの上るべき階段)や営業活動の全体像は何なのか

それに伴って管理者として

  • どういうマネジメントを施すと組織に有効か
  • そもそもマネジメントとは何をすることなのか

営業組織全体として

  • どこにフォーカスして営業活動を行うのか
  • 全社共通の意思決定のもとになる戦略理論は何なのか

これらすべてが“幹”にあたるものです。

これらがあって初めて“枝・葉”が有効に作用します。つまり“枝・葉”は現場力であり、現場で活用できるスキルです。いくら“枝・葉”のスキル教育を施しても、それは“幹”という営業としての「あり方」、組織としての「あり方」教育には成り得ないのです。

営業教育体系図

営業教育体系図

営業戦略研修 今までの営業活動は、市場が拡大することを前提に行われてきました。
しかし、市場縮小という環境変化の中で、相変わらず営業は市場拡大を前提としたままの活動をしているのが実態です。
結果を出すためには、「戦略思考」を持つこと、そして戦略を「戦術」へ、戦術を「実践」へと具体化する実行力が営業組織には必要です。
この研修は、戦略理論をもとに、実践演習を取り入れた実践型研修です。
演習により実践で使える戦略・戦術になります。
戦略の基本理論を学び、エリア戦略、シェアアップ戦略など営業に必要な戦略の立て方と実践の仕方、および営業「量」確保のための活動ルールの設定を行います。
 
営業戦略研修 市場が縮小する中で、かつての売上至上主義は通用しなくなっています。
ところが、来年度の売上目標を作成する際には、「来期は前年対比+8%で」といった、なんら根拠を持たない売上計画が設定され、さらに“どうすれば目標達成できるか”というアクションプランに落とし込まずに計画づくりを終えている企業が多いのが実態です。
今、企業および営業の価値を示すのは売上だけではなく、限られた経営資源をもとに、いかに利益を上げるかということです。
この研修では、営業数字目標の立て方と数字のブレイクダウンの仕方、そしてその目標数字を達成するための営業マネジメント手法にまで踏み込んだ実践的な内容をお伝えします。
机上の空論目標ではなく、過去データに基づいた目標の設定方法と、そこから算出された目標数字が実現可能か否かのチェック方法、そして各営業部門への公平で論理的な配分方法といった具体的かつ実践的な内容です。
最大のポイントは、営業目標数字と営業部門の営業利益算出まで踏み込んでいることです。
 
戦略マネジメント研修 売れない理由を外に探せばいくらでも見つかる営業冬の時代です。
しかし、売上不振の要因は外にあるのではなく会社の内にあることも珍しくありません。
営業は、厳しい環境にあるのは事実ですが、その中で継続的に結果を出すには、管理職・リーダー・担当者が一丸となって、組織として事実を踏まえ、論理的に「考え」「行動」しなければ強い組織をつくることができません。
これが、チーム営業であり、組織営業というものです。
この研修では、強い営業組織をつくるために営業管理者が管理者として「なに」を「どのように」マネジメントすればいいのかについて、具体的に指導します。
マネジメントの本質である 『 部下支援・部下育成 』 と、3ヶ月・ 6ヶ月先の売上のために今何をすべきなのか・・・つまり、先の売上のための行動計画を立てる 『 先行情報管理と行動計画をリンクさせる手法 』 を中心に、具体的にご指導します。
 
営業折衝力強化研修 企業間競争の激化、顧客ニーズの多様化など、営業を取り巻く環境は変化していす。
その環境下で、ただ単に「売りたい商品を売る」という営業では、売れないのは当然です。
お客様は「何を望み、何を解決したいのか」といった真のニーズをつかみ、さらに半歩進んだ提案をしていかなければ、売上を伸ばし続けていくことはできません。
この研修では、営業現場で行われるクロージングまでの折衝スキル、及び提案営業の基礎知識とロープレによる技術の習得を目的とします。
営業の基盤となる提案力を強化するため、折衝相手の立場や考え方などを基準に、同調、傾聴、質問、ニーズ把握、話法などクロージングに向けた能力を養います。
提案営業の本質を理解し、顧客ニーズを把握したうえで、クロージングプロセスに則った効果的な提案書作成と顧客に「Yes」といわせる提案スキルを習得します。
 
営業プロセスロープレ研修 研修で学んだことを現場で実践しようと思った際に人るの障壁があります。
その障壁とは実際にやってみる「勇気」と「きっかけ」です。「知る(理論)」ことと「出来る(実践)」することは違います。
知ったことを出来るようにする橋渡しの場がこの営業研修です。みなさん初めは、汗をかきながらぎこちない状態ですが、二巡目ともなりますと落ち着いてロープレをするようになります。
それは、先輩や同僚のロープレを見たり聞いたりすることが疑似体験となり、自身の改善点や本番での対応力を養うことができるからです。
自分の営業活動に自信が持てるようになる営業研修です。営業基礎・実践研修のフォローとして実施されることをお勧めしています。
 
営業基礎・実践研修 “出来る営業”になるには、出来る営業パーソンの行動習慣である営業プロセス ( クロージングに向けての行動ステップ ) と営業サイクル ( 各プロセスにおける営業活動ポイント ) という営業の基礎・基本理論を知り、ロールプレイングを通じて現場で実践できる営業力を養成することが重要です。
この基礎・基本がないところにスキルだけを身につけようとしても上滑りを起こすだけで、決して実力にはなりません。
営業の 『 やり方 』 を教える前に、営業としての 『 あり方 』 を教えなければ教育とはいえません。
この研修は、営業担当者として生涯にわたって必要な基礎・基本を自分のものにしていただく実践研修です。
トップ営業への基礎となる「心の持ち方」「行動」「スキル」を身につけていただきます。
営業に携わる者にとって必須でありながら、ほとんどの会社が行っていない営業のための基礎研修です。
営業「質」向上のための教育です。
 
会話力・対話力強化研修 「お客様との会話が弾まない」
「お役様と何を話したらいいのかわからない」
近年の若年層にみられる顕著な傾向です。これでは、お客さまから信頼を得られるはずもなく、営業活動の根幹であるコミュニケーションすらままならないということになります。しかし、実はこういったことで悩んでいる営業が非常に多いのが事実です。商品スペックも価格も何もかも同じならば、間違えなく信頼できる営業から購入するのがお客様の心理です。お客様と親密度を高め、その親密度が競合の参入障壁にならなければなりません。お客様に信頼してもらうための会話力、対話力、コミュニケーション力を高める営業研修です。

営業研修を効果的に活用するには

営業研修プログラム

営業研修のモデルケース

受講者の声・実績

研修実施までの流れと料金

無料・招待制!エグゼクティブセミナー《事前登録》

代表プロフィール画像

企業の未来に確かなきっかけを!

歴史とともに醸成された企業風土、これまでの営業慣習…
変革出来ない理由を挙げればきりがありません。
企業の未来を創る、その大きなきっかけになりたい。
そういう思いでこの会社を立ち上げました。

代表プロフィール >

アクチャーコンサルティング 
サービスメニュー

最新ブログ

全てを見る

2019.12.17

この分析で営業効果が出るエリアがわかる

今回は、ビール業界におけるサントリーを事例にエリア戦略の重要性をお伝えします。 ビール事業参入から45年間赤字だったサントリーは、2008年にビール事業黒字化に成功し、国内シェアも…[続きを読む]

2019.12.13

組織で着実に提案力を向上させるロープレのやり方

ロールプレイングは、特に若手が多い営業組織では非常に有効な営業育成法ですが、どうも浸透しなかったり継続させることが出来ません。それはロープレのやり方というものが周知されていないこと…[続きを読む]

2019.12.03

営業戦略に効果的な4つのターゲットとは

戦略には組み方があります。そしてどれだけターゲットを絞り込んで営業力をそのターゲットに集中させるかが成否のカギです。 今回は、ターゲット絞り込みの4つのフィルターについてお伝えしま…[続きを読む]

2019.10.29

中小企業が目指すべき絶対的なシェアは○%

営業戦略が企業にとってどれほど重要であるかについて、現実の話をお伝えします。 それは、たとえ各業界において競合企業が乱立しているとしても、数十年の年月を経て必ず一社に集約されるとい…[続きを読む]

2019.10.15

成約率を飛躍的に上げる提案営業のプロセス

営業の最終目的は、受注することです。 これを営業活動に置き換えれば、営業の最終行動は成約・契約することです。この成約・契約に至ろうと思えば、決して外してはいけない営業の階段というも…[続きを読む]

2019.10.11

競合の参入障壁となる営業を育成するお客様対応力

営業職で30代前半までの方を対象にいつもお聞きすることがあります。 “営業上困っていることは何?”と質問をぶつけますと、8割以上の確率で “お客様との会話が続かない” “会話の中味…[続きを読む]

営業指導のご依頼・ご相談はお気軽にこちらから

お電話でのお問合せ
受付時間 平日9時〜18時
(土日祝除く)

東京

03-6869-1693

大阪

06-6147-9353

メールお問合せは24時間可能です

ページトップに戻る