営業コンサルティング

ホーム営業コンサルティング > 営業結果に導く7 つのプログラム

営業結果に導く7 つのプログラム

営業コンサルティングの基本スタンス

弊社の営業コンサルティングに対する基本スタンスは次の3つです。

  • BtoBビジネス専門の営業コンサルティングに特化する
  • 論理的、実践的、実務的指導に徹した営業コンサルティングを行う
  • データと論理をもとに、現場行動に落し込む一連の流れを体系化した営業コンサルティングを行う

    この3つです。

営業組織に変革をもたらす7つのプログラム

営業組織に根強くある「慣性力」を払拭し、営業組織の変革を求めるには「新KKD」思想で行う必要があります。
「新KKD」とは、経験・勘・度胸に頼ってきた「旧KKD」から脱却し、データ(D)に基づいて、科学的(K)に分析し、計画的(K)な活動へシフトすることを言います。

業界市場規模の推移などのデータはもとより、営業結果である売上・粗利にとどまらず、効率を示すものやターゲット選定に重要なあらゆるデータが営業の周辺にはありますが、活用されていないのが現状です。

営業現場もそうですが、営業マネジメントにおいても同様です。月末の売上を締めて、集計や結果分析をしても売上という結果は変わりません。営業マネジメントは、結果が出るまでに組織に対して予定通りの結果が出るようにどう指示を出すかが営業管理者の役割です。これが出来ていない組織が非常に多いのが実態です。

これらを改善する考え方のベースが「新KKD」です。数字という客観的データを活用し、論理的・実践的・実務的活動にシフトしていくことを営業コンサルティングの主眼に置いています。
“論理で理解に導き”、“仕組みで行動を促す”指導をすることで、結果を出す最短ルートを作り上げています。

論理を浸透させるために営業研修を織り交ぜ、実務に落し込むために営業組織に仕組みを持たせる。この一貫した考え方のもと、営業コンサルティング先としてこれまでに300社近い企業様へ弊社の考え方を導入してきました。

【弊社のコンサルティング内容】

プログラム 内 容
1営業活動設計 成約・受注に向けた営業組織共通の活動内容を設計し、訪問目的の明確化と訪問目的達成のための事前準備作業を浸透させます。
2営業戦略構築 売上、シェア獲得に効率的なターゲットをデータ分析から抽出するロジックを組織に定着させます。
3目標数字管理手法構築 数か月先の売上を可視化し、売上目標を達成するための管理者からの行動指示を具体化させます。
4営業マネジメント設計 部下育成・部下支援にはどの営業担当者のどんなスキルを強化すべきかを仕組みの中で把握します。
5自活経営手法構築 確実に営業利益を確保するための目標設定の手法と目標達成のための行動計画の立て方を定着させます。
6案件創出システム設置 ITを駆使しマンパワーに依存しない効率的な新規顧客案件を発掘する仕組みとノウハウを提供します。
7組織マネジメント 組織上の課題をサーベイで把握し、営業組織の一体化、活性化のための施策を決定し推進します。

これらの7つのプログラムを営業組織に定着させていきます。この7つのプログラムは30年近い指導活動から営業組織の変革には不可欠と断言できます。

そして、これらの考え方、やり方を営業組織全体に浸透、徹底させるためには並行して営業研修の実施が必要です。
つまり、コンサルティングは営業方針や施策の社内意思決定の場であり、その社内周知・徹底・浸透の手段として研修を実施するというのが弊社のスタンスです。7つのプログラムを実践化するための教育プログラムは、企業内営業研修として備えています。

『スリーM 経営』の営業変革

弊社の営業指導と導入効果

コンサルティングの進め方と料金

グループコンサルティングの概要

無料・招待制!エグゼクティブセミナー《事前登録》

代表プロフィール画像

企業の未来に確かなきっかけを!

歴史とともに醸成された企業風土、これまでの営業慣習…
変革出来ない理由を挙げればきりがありません。
企業の未来を創る、その大きなきっかけになりたい。
そういう思いでこの会社を立ち上げました。

代表プロフィール >

アクチャーコンサルティング 
サービスメニュー

最新ブログ

全てを見る

2019.12.17

この分析で営業効果が出るエリアがわかる

今回は、ビール業界におけるサントリーを事例にエリア戦略の重要性をお伝えします。 ビール事業参入から45年間赤字だったサントリーは、2008年にビール事業黒字化に成功し、国内シェアも…[続きを読む]

2019.12.13

組織で着実に提案力を向上させるロープレのやり方

ロールプレイングは、特に若手が多い営業組織では非常に有効な営業育成法ですが、どうも浸透しなかったり継続させることが出来ません。それはロープレのやり方というものが周知されていないこと…[続きを読む]

2019.12.03

営業戦略に効果的な4つのターゲットとは

戦略には組み方があります。そしてどれだけターゲットを絞り込んで営業力をそのターゲットに集中させるかが成否のカギです。 今回は、ターゲット絞り込みの4つのフィルターについてお伝えしま…[続きを読む]

2019.10.29

中小企業が目指すべき絶対的なシェアは○%

営業戦略が企業にとってどれほど重要であるかについて、現実の話をお伝えします。 それは、たとえ各業界において競合企業が乱立しているとしても、数十年の年月を経て必ず一社に集約されるとい…[続きを読む]

2019.10.15

成約率を飛躍的に上げる提案営業のプロセス

営業の最終目的は、受注することです。 これを営業活動に置き換えれば、営業の最終行動は成約・契約することです。この成約・契約に至ろうと思えば、決して外してはいけない営業の階段というも…[続きを読む]

2019.10.11

競合の参入障壁となる営業を育成するお客様対応力

営業職で30代前半までの方を対象にいつもお聞きすることがあります。 “営業上困っていることは何?”と質問をぶつけますと、8割以上の確率で “お客様との会話が続かない” “会話の中味…[続きを読む]

営業指導のご依頼・ご相談はお気軽にこちらから

お電話でのお問合せ
受付時間 平日9時〜18時
(土日祝除く)

東京

03-6869-1693

大阪

06-6147-9353

メールお問合せは24時間可能です

ページトップに戻る