企業内営業研修

ホーム企業内営業研修営業研修一覧 > 実力管理者養成の営業研修

実力管理者養成の営業研修

営業管理者・営業幹部・経営者

先の売上が読める!部下育成と部下支援で結果が出せる!
戦略マネジメント研修

結果を残すためのマネジメントの仕組みづくり

ねらい

管理者の役割には3つあります。
(1)一定期間までに、人・モノ・金を使って一定の成果を収める
(2)自分より優秀な部下を育成・支援する
(3)自部門・部下を元気にする
(1)の成績追求は、日頃から意識していることでしょうが、具体的に何をどのようにマネジメントしているかは、個々の管理者任せになっているのがよく見られるケースです。それでは、戦略が定着のしようもありません。
さらに(2)の部下育成においても、各営業担当者の得意なプロセスと不得手なプロセス知らなければ、部下に何を指導すればいいのかわかりません。日々の営業活動においても結果が出てから部下を叱責しても、これは何ら意味を成しません。管理者は、3ヵ月後、6ヵ月後の受注予測をもとに部下指導をしない限り、今月の成果が得られないのです。
こういったマネジメントの概念と現場での実践的なマネジメントの仕組み、および効果的な部下育成の手法を具体的に構築する研修です。

ポイント

事前サーベイにて部下それぞれの特性を把握し、その特性に応じた対応を管理者として行います。押付けのマネジメントから呼応型マネジメントへの変革を促します。そして、部下をどのように育成していくのかをメンバーコーチングシートを作成し、定期的に育成状況をチェックします。

研修前サーベイの実施

事前にサーベイを実施します。組織構成メンバーの個々の行動特性やモチベーションリソースなどをサーベイによって把握します。

研修後の提出物

メンバーコーチングシート

実施所要時間

2日

内 容
一日目
二日目

1.マーケットも部下も大きく変化している

 (1)マーケットが劇的に変化している

  ・ほとんどの産業が成熟化している

  ・マーケットの縮小を数字で捉えているか?

 (2)求められる営業の「質」が変わっている

  ・商品情報が営業の「武器」にならない

  ・営業担当者には専門性が求められている

 (3)今までのマネジメントでは通用しない

  ・世代間に顕在化してきた異質感

  ・プロダクトアウト型から
マーケットイン型マネジメントへ



2.管理者に求められる役割

 (1)管理者の3つの役割

 (2)上司から管理者に期待されていることとは?

【期待シート作成・チェック】



3.今あるべきマネジメントのスタイル

 (1)呼応型のマネジメントの必要性

 (2)旧KKDから新KKDへ

 (3)意識変革は行動変革から

  ・「人」は変えられないが「行動」は変えられる

  ・「してほしい行動」を増やす行動科学の活用



4.部下育成の具体的手法

 (1)これだけは身を持って徹底指導せよ!

《営業の基礎》

  ・お客様に不快感を与える
「三不一陰」をチェックせよ!

  ・挨拶はこの「3つの挨拶」ができて一人前だ!

  ・人間関係づくりの基本を教えろ!

  ・営業はしゃべるな!
会話の基本は質問をすることだ!

 (2)できる営業はこれを確実にやっている!
《営業の基本》 営業プロセスとサイクル

  ・アポ取りからクロージングまでを
     “見える化”せよ

  ・営業には“前営業”“本営業”“後営業”がある!
これを定型化せよ

 (3)呼応型マネジメントの実践
~個々を知り、自分を知り
コーチング目標を立てよ~  

  ・メンバーの行動特性を把握しているか?

【行動特性サーベイチェック】

  ・メンバーのモチベーションリソースを
把握しているか? 

【モチベーションリソースサーベイチェック】

  ・あなたのコミュニケーションスタイルは?

【コミュニケーション特性サーベイチェック】

  ・メンバースキル検証⇒宿題

  ・コーチングシートの作成意義と方法

【コーチングシートの作成】

 (4)新KKDマネジメントの実践

  ・ブラックBOXの営業活動を可視化せよ!

  ・営業活動には3つある!トリプルサイクル営業

  ・あなたのコミュニケーションスタイルは?

  ・営業マンは何が得意で何が不得手かを
把握せよ!

 (5)確実に人を育てる行動科学の
効果的マネジメント

  ・マネジメントの鉄則

  ・段階教育の徹底とその効果

  ・成功体験効果の活用

  ・ティーチングとコーチング



5.結果を出すための先行管理と行動計画

 (1)結果が出せないマネジメントの問題点

 (2)先行情報管理とは

 (3)行動計画と先行管理情報で
メンバーの行動を修正する



6.営業担当者が成長する
モチベーションの高め方

 (1)自発的創造力が最高のモチベーションだ! 

 (2)会社の一枚岩はこうしてつくられる!

 (3)表彰制度で組織を活性化せよ!

 (4)メンバーの家族を含めた
大家族部隊を目指せ!

 

営業研修一覧ページに戻る

アクチャーコンサルティング 
サービスメニュー

最新ブログ

全てを見る

2019.10.29

中小企業が目指すべき絶対的なシェアは○%

営業戦略が企業にとってどれほど重要であるかについて、現実の話をお伝えします。 それは、たとえ各業界において競合企業が乱立しているとしても、数十年の年月を経て必ず一社に集約されるとい…[続きを読む]

2019.10.15

成約率を飛躍的に上げる提案営業のプロセス

営業の最終目的は、受注することです。 これを営業活動に置き換えれば、営業の最終行動は成約・契約することです。この成約・契約に至ろうと思えば、決して外してはいけない営業の階段というも…[続きを読む]

2019.10.11

競合の参入障壁となる営業を育成するお客様対応力

営業職で30代前半までの方を対象にいつもお聞きすることがあります。 “営業上困っていることは何?”と質問をぶつけますと、8割以上の確率で “お客様との会話が続かない” “会話の中味…[続きを読む]

2019.10.10

お客様から好感を持たれる営業基礎能力育成

どんな技術においても基礎・基本があるように、営業という職業にも基礎・基本があります。 しかし、日本の企業において、この基礎・基本教育を営業担当者にすでに施している例は未だかつてあり…[続きを読む]

2019.10.10

なぜ組織全体で戦略理論を共有すべきなのか

営業戦略の論理や分析手法、戦略目標の設定の仕方を一部の営業管理者が知っていればいいかというとそうではありません。 結論として、営業担当者のみならず、営業部門と関連して活動する企画や…[続きを読む]

2019.10.03

この考え方が業績を向上させる営業戦略策定のポイント

営業戦略は思いつきや奇抜な発想で構築するものではなりません。論理というものに則って現状を数字で把握し、論理的な分析手法を使って分析し、優先度の高い攻略ターゲットを見つけ出す一連の体…[続きを読む]

営業コンサルティング・営業研修のご依頼・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ
受付時間 平日9時~18時
(土日祝除く)

東京

03-6869-1693

大阪

06-6147-9353

メールお問合せは24時間可能です

ページトップに戻る