企業内営業研修

ホーム企業内営業研修営業研修一覧 > データから未来を読み解く力を育成する営業研修

データから未来を読み解く力を
育成する営業研修

初級者

知らないでは済まされない!
営業データマーケティング研修

~身近な営業データを加工して先を読む~

ねらい

営業の周りにはあらゆるデータが存在ます。しかし、その貴重なデータを有効活用出来ているできているでしょうか?
実際に売上は向上しているのか下降しているのか?
その売上の向上は季節変動要素ではないのか?
過去データからこれから先をどう予測するのか?
粗利額確保のための商品群別、販売チャネル別の必要売り上げはどう導くのか?
売上に影響を及ぼす要因は何なのか?
これらは今あるデータを活用することで見いだせます。
多くの企業では、ただ単に売上を上げることが営業の仕事だと位置づけられ、こういった基本的な教育を施さないまま、何ら科学的根拠を持たないままに、思考を巡らすことなく行動量を増やすことだけに集中しています。これでは、市場縮小の国内市場において、営業は疲弊するだけです。
マーケティング発想の入り口、論理力の醸成、考え、先を見通す洞察力を持った営業担当者の育成研修です。

ポイント

汎用ソフトの代表格であるMicrosoft Excelを使用して、営業の身近にあるデータから予測や、売上要因を見出し、営業活動の強化ポイントや予測に基づいた事前対応など、データ分析から営業活動に結び付ける視点と手法をご指導いたします。

対象者

営業管理者、営業リーダー、営業担当者(Excelの基本操作ができる方)

実施所要時間

1日

内 容
午前
午後
1.いま営業現場に必要な
     データマーケティング力とは
 1)マーケティングとは
 2)市場・顧客の変化をいち早くキャッチする
 3)マーケティング業務の流れ
 4)今求められる数字・ロジックと情熱
 5)営業「量」から営業「質」への変革

2.データ分析で出来ること・出来ないこと
 1)データ分析の目的の明確化
 2)結果には必ず原因が存在する
 3)現在から過去分析と未来予測を立てる
 4)データマーケティングには限界がある

3.平均のウソと本当
 1)平均はすべてを表現してはいない
 ・算術平均と中央値
 ・ボリュームゾーンと平均の違い
  【演習】
 2)正確な期間平均を分析する
 ・トレンドはかる幾何平均とCAGR
  【演習】
 3)短期平均をならす移動平均の活用法
 ・移動平均で傾向を顕著にする
  【演習】
4.データのバラツキと確率
 1)散布図作成で相関性を確認する
 2)分散と標準偏差算出法
  【演習】
5.売上を分析する
 1)季節変動を排除して売上増減傾向をキャッチ
 ・Zチャートの作成技法
 【演習】
 2)成長度合いを一目で確認する分析法
 ・ファンチャートで成長度合いを横比較する
 【演習】
 3)会社の売上に一番貢献した商品・営業を確認
 ・成長寄与率で貢献度合いを把握する
 【演習】
 4)安定的な売上を上げる部門・営業の分析法
 ・売上の大小にかかわらず比較できる変動係数
 5)おすすめ商品を発見するレコメンデーション
 ・相関係数で似た嗜好をあぶりだす

6.売上への影響を及ぼす要因と予測
 1)売上を左右する要因を分析する
 ・単回帰分析
 ・重回帰分析
 2)要因がわかれば未来が予測できる
 ・回帰分析結果を未来予測に活用する
 3)過去の実績から未来を予測する
 ・指数平滑法のシミュレーション
 4)営業PDCAを設計する
 ・感度分析で売上に対するインパクトを
                明らかにする

営業研修一覧ページに戻る

アクチャーコンサルティング 
サービスメニュー

最新ブログ

全てを見る

2019.10.29

中小企業が目指すべき絶対的なシェアは○%

営業戦略が企業にとってどれほど重要であるかについて、現実の話をお伝えします。 それは、たとえ各業界において競合企業が乱立しているとしても、数十年の年月を経て必ず一社に集約されるとい…[続きを読む]

2019.10.15

成約率を飛躍的に上げる提案営業のプロセス

営業の最終目的は、受注することです。 これを営業活動に置き換えれば、営業の最終行動は成約・契約することです。この成約・契約に至ろうと思えば、決して外してはいけない営業の階段というも…[続きを読む]

2019.10.11

競合の参入障壁となる営業を育成するお客様対応力

営業職で30代前半までの方を対象にいつもお聞きすることがあります。 “営業上困っていることは何?”と質問をぶつけますと、8割以上の確率で “お客様との会話が続かない” “会話の中味…[続きを読む]

2019.10.10

お客様から好感を持たれる営業基礎能力育成

どんな技術においても基礎・基本があるように、営業という職業にも基礎・基本があります。 しかし、日本の企業において、この基礎・基本教育を営業担当者にすでに施している例は未だかつてあり…[続きを読む]

2019.10.10

なぜ組織全体で戦略理論を共有すべきなのか

営業戦略の論理や分析手法、戦略目標の設定の仕方を一部の営業管理者が知っていればいいかというとそうではありません。 結論として、営業担当者のみならず、営業部門と関連して活動する企画や…[続きを読む]

2019.10.03

この考え方が業績を向上させる営業戦略策定のポイント

営業戦略は思いつきや奇抜な発想で構築するものではなりません。論理というものに則って現状を数字で把握し、論理的な分析手法を使って分析し、優先度の高い攻略ターゲットを見つけ出す一連の体…[続きを読む]

営業コンサルティング・営業研修のご依頼・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ
受付時間 平日9時~18時
(土日祝除く)

東京

03-6869-1693

大阪

06-6147-9353

メールお問合せは24時間可能です

ページトップに戻る