企業内営業研修

ホーム企業内営業研修営業研修一覧 > 管理者の指導力を育成する営業研修

管理者の指導力を育成する
営業研修

管理者・幹部・経営者

営業ロープレ指導者研修
営業プロセスの定着・習慣化指導!

ねらい

競合他社と価格・流通・商品スペックなどでの差別化が難しい現状の中で、営業の存在自体が差別化要因にならなければ、選ばれる企業にはなり得ません。その環境下で、ただ単に「売りたい商品を売る」という営業では、売れないのは当然です。お客様は「何を望み、何を解決したいのか」といった真のニーズをつかみ、さらに半歩進んだ提案をしていかなければ、売上を伸ばし続けていくことはできません。
そこで、営業現場のクロージングまでの各プロセスにおける折衝スキル及び提案営業の知識とロープレによる技術を営業全員が習得することが必須です。
しかし、研修時だけ行っても身に付くものではありません。研修での内容を指導者が徹底的に反復指導して、やっと現場で活用できるレベルに到達します。その為の指導者のための指導ポイントを習得する研修です。

ポイント

営業現場での折衝シーンを想定したロープレにおける基本理論とフィードバック及び指導ポイントを体得します。
1)折衝に関する原理原則を学び、効果的な営業のあり方を習得する。
2)ロールプレイングやり方を習得する。
3)現場を想定したロールプレイングの指導ポイントを習得する。

対象者

営業リーダー

実施所要時間

2日

内 容
一日目
二日目

(午前)
●オリエンテーション
1.ロールプレイングの目的と現状チェック
 1)ロールプレイングにおける目的と不安
 2)受け身営業からの脱出
 3)ロールプレイングの前提条件
 4)言動習慣チェック


(午後)
2.メンバーの心をつかむ教え方7か条
 1)プラスを口にせよ!
 2)自己開示で共感を生め!
 3)場の雰囲気をつくれ!
 4)感情のこもった言葉を発せよ!
 5)聴く姿勢を持て!
 6)相手の状況を基準にせよ!
 7)感情と事実を切り分けよ!

3.マネジメントPDCAのまわし方
 1)現状のPDCA
 2)PLANでのマネジメントアクション
 3)DOでのマネジメントアクション
 4)CHECKでのマネジメントアクション
 5)ACTIONでのマネジメントアクション

4.ロールプレイングのやり方・進め方
 1)なぜ研修で得た知識を活かせないのか?
 2)“知る”から“出来る”にするトレーニングとは
 3)ロールプレイングの流れ
 4 ロールプレイングのやり方・進め方
 5)ロールプレイングの効果

5.プロセス営業の基本スタンスと基本所作
 1)どんな営業を目指すのか
 2)顧客軸でのモノの見方
 3)営業プロセスの基本スタンス
 4)お客様の購買心理
 5)営業の基本所作
6)聞き出したい話を引き出すスパイラル話法

 【話法作成】

 

(午前)
●前日の確認
   【聴く姿勢ロープレ】
  指導ポイントの整理
6.アプローチ (アポ取り・人間関係構築)技法
 1)初回訪問の目的は人間関係構築
 2)人間関係構築に必要な基本スキル
 3)次回訪問が必然になる宿題をゲットする
 4)「ありがとう」から始まる環境をつくる
   【初回訪問ロープレ】
   指導ポイントの整理

(午後)
7.現状とニーズの把握技法
 1)傾聴力のトレーニング
 2)ニーズの本質を理解する
 3)把握すべき現状の内容
 4)顕在的問題と潜在的問題
 5)潜在的問題の顕在化手法
  【ニーズ把握ロープレ】
  指導ポイントの整理

8.プレゼンテーション技法
 1)提案営業の本質
 2)商品説明を効果的にする話法
 3)商品説明の基本
 4)意思決定前のネガティブな感情を排除する
 5)群集心理の活用
  【プレゼンテーションロープレ】
  指導ポイントの整理

9.クロージング技法
 1)クロージング前のテスト
 2)不安をプラスにする逆説話法
 3)「Yes・And」話法
 4)「前提意識」と振る舞いで成約率UP
 5)模倣本能くすぐる話の組み立て
 6)「お断り話法」で「欲しい」に気付く!

 

営業研修一覧ページに戻る

アクチャーコンサルティング 
サービスメニュー

最新ブログ

全てを見る

2019.10.29

中小企業が目指すべき絶対的なシェアは○%

営業戦略が企業にとってどれほど重要であるかについて、現実の話をお伝えします。 それは、たとえ各業界において競合企業が乱立しているとしても、数十年の年月を経て必ず一社に集約されるとい…[続きを読む]

2019.10.15

成約率を飛躍的に上げる提案営業のプロセス

営業の最終目的は、受注することです。 これを営業活動に置き換えれば、営業の最終行動は成約・契約することです。この成約・契約に至ろうと思えば、決して外してはいけない営業の階段というも…[続きを読む]

2019.10.11

競合の参入障壁となる営業を育成するお客様対応力

営業職で30代前半までの方を対象にいつもお聞きすることがあります。 “営業上困っていることは何?”と質問をぶつけますと、8割以上の確率で “お客様との会話が続かない” “会話の中味…[続きを読む]

2019.10.10

お客様から好感を持たれる営業基礎能力育成

どんな技術においても基礎・基本があるように、営業という職業にも基礎・基本があります。 しかし、日本の企業において、この基礎・基本教育を営業担当者にすでに施している例は未だかつてあり…[続きを読む]

2019.10.10

なぜ組織全体で戦略理論を共有すべきなのか

営業戦略の論理や分析手法、戦略目標の設定の仕方を一部の営業管理者が知っていればいいかというとそうではありません。 結論として、営業担当者のみならず、営業部門と関連して活動する企画や…[続きを読む]

2019.10.03

この考え方が業績を向上させる営業戦略策定のポイント

営業戦略は思いつきや奇抜な発想で構築するものではなりません。論理というものに則って現状を数字で把握し、論理的な分析手法を使って分析し、優先度の高い攻略ターゲットを見つけ出す一連の体…[続きを読む]

営業コンサルティング・営業研修のご依頼・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ
受付時間 平日9時~18時
(土日祝除く)

東京

03-6869-1693

大阪

06-6147-9353

メールお問合せは24時間可能です

ページトップに戻る